ローコストで自宅をリノベーションしてみた

中古マンション取得後にリノベーション工事を実施。ローコストで工事を実施するために読んだ本は10冊以上。見積もり依頼業者は40社以上。リフォーム工事を一番安く実施できる業者の選び方や工事内容を投稿していきます

ローコストリフォーム工事風景⑤【給水管・フローリング・ユニットバス】

こんばんは。

今回もリフォームの進捗状況を記載してまいります!

 

今回は

 

①給水管

 

②フローリング

 

③ユニットバス

 

の工事です。

 

 

 

 

 

 

《①給水管》

【洗面・脱衣室】

f:id:YakisobapanGO:20190404083601j:image

 まず独立洗面台予定地にあるこれ!

 

【浴室】

f:id:YakisobapanGO:20190404083632j:image

 そして浴室にもあるホースっぽいやつ!

 

【キッチン】

f:id:YakisobapanGO:20190404083636j:image

 キッチンにもあります!

 

 

これが今回工事を行った給水管です。管って言うからには金属製をイメージしておりましたが、ゴム製?なんでしょうかね。柔らかいので自在に配線できるといった感じがします。通常青い管が水用で赤い管がお湯用らしいのですが、見た目だけの違いで構造は一緒なのだとか。今回の工事では色で使い分けはしていないようです(僕としても隠れる部分だから気にならないです)

 

【キッチン】仕上げ後

f:id:YakisobapanGO:20190404083629j:image

システムキッチンの給水部分は出してコンパネを敷きます

 

【浴室】配線後
f:id:YakisobapanGO:20190404083639j:image

浴室の給水管の配線も行っております

 

【洗面・脱衣室】配線後
f:id:YakisobapanGO:20190404083617j:image

手前の赤の配管が洗面台の給水用。奥に見える青の配管が洗濯機の給水用です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《②フローリング》

 

 

 

【和室】
f:id:YakisobapanGO:20190404083540j:image

和室と押入れ、納戸をぶち抜いております。

ここの床の高さを合わせて段差をなくしていきます。

 

 

 

 

f:id:YakisobapanGO:20190404083556j:image

洋室①から見た感じ

f:id:YakisobapanGO:20190404083605j:image


f:id:YakisobapanGO:20190404083544j:image

納戸側から見た感じ

 

 

 

 

 

 

 

ここにフローリングを敷いていきます

 

 

 

 

 

 

f:id:YakisobapanGO:20190407121213j:image

 

 

 

 

 

 

 

おお!雰囲気ががらっと変わります!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:YakisobapanGO:20190407121209j:image

横から見た感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:YakisobapanGO:20190407121217j:image

キッチン側からも見てみます 

 

 

 

 

良い感じです!

 

 

よく見るとフローリングを敷く前に木材を入れて高さを他の部屋と合うように調整もしていますね。

 

 

今回ほとんどの部屋の床の色は白系となるため、和室とWICの床だけ落ち着いた色を選びました。よく眠れそうです。

クロスの張替えをしたら元々が和室だったことが分からなくなりますね。

 

《③ユニットバス》

 

 

 

さて、また別日に帰宅しますと・・・

 

 

 

 

今まで空っぽだった浴室の空間にこんなものが!

f:id:YakisobapanGO:20190404083532j:image

 

 

 

 

 

開けてみると・・・

 

 

 

 

 


f:id:YakisobapanGO:20190404083548j:image

 

 

 

 

 

 

 

おおー!完成してるー!

 

 

めっちゃ綺麗!

 

 

 

 

 

 

 

 

【浴槽】
f:id:YakisobapanGO:20190404083625j:image



浴室のサイズ的に1116ユニットバスが最大でした。

将来的にファミリー向けの賃貸とする場合に1116がメンテナンス等考慮すると最適だと考えます。

ちなみに給湯器の設置がまだなので使用はできません(しばらくは銭湯通いですね)

 

これに追い炊き機能が付くのはありがたい!お湯はりも自動になります!楽しみです!

 

 

そういえば最初に大手に見積もりを取った際に給湯器のサイズは16号でしたが、今回は20号でやってもらってます。将来的にファミリー向け賃貸として活用する場合には20号のほうが適しております(給湯とシャワーの同時利用する場面が多い場合を想定)

 

 

 

 

 

今回は3箇所のご紹介となりました。

徐々に形となってきておりますので日々の変化が楽しみです。

 

 

また次回お会いしましょう!

 

 

 

【次回】ローコストリフォーム工事風景⑥