ローコストで自宅をリノベーションしてみた

中古マンション取得後にリノベーション工事を実施。ローコストで工事を実施するために読んだ本は10冊以上。見積もり依頼業者は40社以上。リフォーム工事を一番安く実施できる業者の選び方や工事内容を投稿していきます

ローコストリフォーム工事風景①【既存設備の撤去】

工事業者が決まりましたので、即契約・即着工という形になりました

 

工事風景を記載する前にどんな感じの物件だったかといいますと、

 

f:id:YakisobapanGO:20190328124513j:image

【洋室①】Before

f:id:YakisobapanGO:20190328124430j:image

壁の下地はもうボロボロ

f:id:YakisobapanGO:20190328124858j:image

壁・床・天井の張替え

間仕切り戸は壁にしちゃいます

 

【和室】Before
f:id:YakisobapanGO:20190328124425j:image

和室→洋室へ変更

全体的に暗い感じがするので壁紙は明るい色にします

 

【廊下】Before
f:id:YakisobapanGO:20190328124439j:image

キッチンと洋室②へ向かう扉

 

【ドア枠の段差】Before
f:id:YakisobapanGO:20190328124444j:image

段差も気になるのでドア交換の際に取ってもらいます

 

【納戸】Before
f:id:YakisobapanGO:20190328124435j:image

この納戸を現和室からのウォークインクローゼットにします

 

【風呂】Before

f:id:YakisobapanGO:20190329082245j:image

一度リフォームが入っていたらしい。

鏡、シャワーは取り外し済み。

追い炊きを追加する予定

 

【トイレ】Before

f:id:YakisobapanGO:20190330215033j:image

温水洗浄便座は事前に僕がDIYで設置しました

便器、タンクは交換します

 

 

こんな感じの作りが古い物件

 

 

 

これがどう生まれ変わるのか楽しみです!

 

f:id:YakisobapanGO:20190330083349j:image

リフォームプランはこれ

ファミリー向けのリノベーションもテーマのひとつ

 

 

 

 

 

いよいよ工事開始!

 

 

 

【工事開始】

DKからみた洋室①【Before】

f:id:YakisobapanGO:20190330084932j:image

 

 

 

朝、行ってきますと告げて仕事から帰ってくると…

 

 

 

【DKから見た洋室①】

f:id:YakisobapanGO:20190330085302j:image

間仕切り戸と垂れ壁がなくなり、瓦礫の山が!

 

 

【キッチン】
f:id:YakisobapanGO:20190330085311j:image

換気扇とレンジフードが撤去

 

 

【DK】
f:id:YakisobapanGO:20190330085319j:image

天井がなくなった

 

 

 

【廊下】

f:id:YakisobapanGO:20190331090731j:image

各部屋のドアが既に撤去

(手前の部屋は僕の居住部分なので後からやります)

 

【和室から見た納戸】

f:id:YakisobapanGO:20190330085329j:image

押入れが撤去され納戸が見えるように!

 

【洋室①から見たDK】
f:id:YakisobapanGO:20190330085257j:image

右奥がDK。左側が現和室です。

(奥に見える冷蔵庫は僕の私物です)

 

 

 

まず工事は全体的な撤去から始まるようです。確かに先に要らないものを捨てたほうが作業で使用する道具類や材料のスペースが確保できますよね。ちなみに道具の搬入は僕も手伝いました。簡単なことはお手伝いしていきます。

 

f:id:YakisobapanGO:20190331092115p:plain

 

 【追記】

価格コム・Amazon等のネットで設備を購入した場合、宅配業者がどこまで運んでくれるか事前に確認してください。というのもエレベーターの無いマンションにおいては宅配業者は設備を1階におろして終わり、というケースがあります。そうなってしまうとそこからは自分で運ばなくてはいけません。道具の搬入のお話でしたが、思い出したので追記しておきます。

 

おまけ

【契約後の流れ】

契約後に僕がやったことですが、所有物件のビルオーナーへの連絡です。リフォームが決まったことや各世帯へのPR方法をどうしたら良いのかの確認です(業者さんに全てお任せしても良いところでしたが、僕が住みながら工事を進めることや性格的に自分で動いてしまいました)

電話連絡をして直接伺う都合の良い日付を聞きましたが、僕が仕事だったためこれは業者さんにお願いしました。

 

後日ビルオーナーさんからメールで業者さんが説明に来たと連絡があり、リフォーム工事に対しての了承が得られました。その次の日には業者さんと一緒に各世帯へ挨拶まわり(不在の場合はポストへPR用紙の投函)を行いました。

 

ここでびっくりしたのが業者さんが作成してくれたPR用紙です。今まで近隣が工事する際に僕が目にしてきたPR用紙はパソコンで書かれているような文章のものがほとんどだったのですが、まさかの手書き!しかも筆!

 

最初に「果たし状かな…?」と思いましたが、よくよく見ると達筆で良い感じに味が出ておりました。僕好みです。

 

f:id:YakisobapanGO:20190331093015p:plain

残念ながら写真は撮っていませんでした

これから随時工事の進捗状況を更新していきます。ではまた次回お会いしましょう。

 

【次回へ続く】ローコストリフォーム工事風景の紹介②

おかげさまでリノベーションが完了しました!全体の完成写真はこちらからどうぞ↓↓

www.yakisobapan.site